公益社団法人 日本新生児成育医学会ロゴ

公式
広報
お問合わせ
会員専用
お知らせ

関連学会・研究会のお知らせ
このページに掲載されている内容に関しては、各学会・研究会にお問い合わせください

先天性甲状腺機能低下症マススクリーニングガイドライン(2021 年改訂版)
―多胎児のマススクリーニングの取り扱いについてー

先天性甲状腺機能低下症マススクリーニングガイドラインにおいて多胎児が⼀卵性(1絨毛膜双胎)または性別⼀致の多胎児は、日齢14までに2回⽬の採血を⾏うことを考慮する。
先天性甲状腺機能低下症マススクリーニングの結果が不⼀致の多胎児の場合は、 精査医療機関において、スクリーニング陰性の児の甲状腺機能検査を⾏うことを 考慮する。
詳細はこちらをご覧ください。

2022年07月28日

第30回母乳育児シンポジウム
「温故知新−これまでの30年を振り返り、明日(あす)へつなごう−」開催のお知らせ

日 時:2022年8月20日(土)、21日(日)
場 所:東京都港区・東京都立産業貿易センター浜松町館
(対面とオンラインのハイブリット開催)
 オンデマンド配信:編集後2週間
申込、詳細はこちらをご覧ください。

2022年07月19日

「第34回日本新生児慢性肺疾患研究会」ハイブリッド開催のご案内
今回の学会は3年ぶりの現地開催で行う予定となっています。そこで、参加された方々にも楽しんでいただけるように、「八事メッセ」と銘打って、こども達の目線に立った異業種交流会展示会も併設する予定です。

日  時:2022年10月29日(土)
開催形式:ハイブリッド形式(日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院)
募集締切:9月5日(月)
詳細はこちらをご覧ください。

2022年07月12日

「第5回兵庫新生児セミナー」ハイブリッド開催のご案内
初期研修医から中堅新生児科医まで納得・満足するセミナーです。
今年もハイブリッド開催します。会場での熱いディスカッションも復活します。

兵庫新生児研究会主催、兵庫県後援
申込・詳細はこちらをご覧ください。

2022年06月09日

脳腱黄色腫症症例登録のお願い
脳腱黄色腫症は希少疾病(難病指定)であり、現在本邦では本疾患の治療薬は承 認されていません。
現在、本症の治療薬としてケノデオキシコール酸の承認に向けた患者登録が行わ れております。ケノデオキシコール酸は、脳腱黄色腫症における胆汁酸合成障害 によって著減するコレステロール代謝産物で、本剤投与により胆汁酸合成経路が 正常化し、その結果として組織へのコレスタノールの蓄積などの、脳腱黄色腫症 の主要症状が抑制されます。「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会 議」にて必要性が評価され、厚労省からも開発要請された薬剤です。
今回、厚労省からは、小児例の登録を必須とされていますが、症例登録に難渋さ れているとのことです。
会員の皆様で、本症を疑われる患者さんのご経験があるかた、フォローされてい る方は、是非添付書類の連絡先にご連絡頂けますよう、よろしくお願い申し上げ ます。
詳細はこちらをご覧ください。

2022年05月30日

産科医療補償制度ニュース第11号
公益財団法人 日本医療機能評価機構より、「産科医療補償制度ニュース第11号」のご案内がございました。
詳細はこちらをご覧ください。

2022年05月23日

「小児・希少疾患・難病レジストリの利活用促進に向けた検討」について
製薬協が、稀少疾患などの患者レジストリの研究成果の医薬品開発への利活についてアンケート調査を行いまして、その結果がつい先日製薬協のHPにアップ されました。
詳細はこちらをご覧ください。

2022年04月22日

第5回新生児生命倫理研究会延期のお知らせ
第5回新生児生命倫理研究会は延期となりました。
詳細はHPをご確認ください。

2022年03月18日

「出生前コンサルト小児科医」制度のご案内
日本小児科学会が「出生前コンサルト小児科医」の制度を設置されました。
詳細はこちらをご確認ください。

2022年03月11日

「COVID-19 母子感染経路の同定および新生児COVID-19 の追跡調査」多施設共同前向き観察研究、ご協力の要請
新型コロナウイルスに対する周産期医療の確立をはかり、本研究を多施設共同研究で立ち上げております。
1 施設でも多くのご施設にご協力いただければ幸いです。詳細はこちらをご覧ください。

2020年10月29日

産科医療補償制度に係るお知らせ
補償対象と考えられる児が補償申請期限である満5歳の誕生日を過ぎたために補償を受けることができない事態が生じないよう、同制度の周知を継続的に行うことが重要であると考えています。
補償対象と考えられる児が補償申請期限を迎える前に補償申請が行われるようご協力をよろしくお願い申し上げます。 詳細はこちらのページをご覧ください。

2014年08月19日

ページトップへ戻る