公益社団法人 日本新生児成育医学会ロゴ

公式
広報
お問合わせ
会員専用
お知らせ

要望書

2021年08月26日

本学会、日本小児呼吸器学会、日本小児循環器学会と3学会で抗RSウイルスモノクローナル抗体製剤の使用に関する要望書をお送りしました。

詳細はこちらをご確認ください。
2021年03月19日

酢酸亜鉛水和物製剤の低出生体重児に対する開発推進及び早期承認の要望書を提出しました。

要望書
2021年01月28日
Z-5カテーテルの早期承認に関するお願い
2020年02月14日

オクトレオチド酢酸塩皮下注用の在宅自己注射(間歇注入シリンジポンプ加算)保険適用の要望書を厚生労働省に提出いたしました。

要望書
2020年02月06日

抗菌薬の安定供給に向けた要望書の提出を厚生労働省に提出いたしました。

要望書
2019年12月18日

吸着式血液浄化法に関する診療報酬・算定要件改定に関する要望書を厚生労働省に提出いたしました。

詳細はこちら
2017年09月13日

大災害時の乳児栄養の確保を目的とした液状ミルクの国家備蓄についての要望を厚生労働省医政局長、同子ども家庭局長宛に提出しました。現在、農林水産省への提出について折衝中です。

要望書
2017年08月10日

厚生労働省保険局医療課長および医政局経済課長宛に核酸増幅法による先天性サイトメガロウイルス感染診断技術の保険収載についての要望書を提出しました。

要望書
2016年08月22日

8月22日にイブプロフェンリジン塩静注用剤の早期承認に関する要望書を提出しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
2016年05月25日

熊本地方で発生した地震後の新生児医療体制支援に関する要望書を日本小児科学会、日本新生児看護学会と合同で提出いたしました。

要望書
2016年05月25日

高松地裁にて審理された“品胎脳性麻痺事案”の判決に関し、その判決理由が医学的に見て、また医療現場の実情に照らして、周産期医療に携わる専門医が許容できない誤解を含んでいるため、日本産婦人科医会、日本産科婦人科学会、日本小児神経学会と合同で意見書を高松高裁に提出いたしました。

意見書
2016年03月04日
厚生労働省に「災害時小児周産期リエゾン」設置の要望書を提出いたしました。
2016年01月22日
厚生労働省に「一酸化窒素吸入療法の保険算定方法についての要望」を提出いたしました。
2015年11月16日

11月13日に0.01%アドレナリンのプレフィルドシリンジの発売の要望書を提出いたしました。

厚労省宛 製薬工業協会宛
2015年10月28日
厚生労働省に「チョコラA(錠、滴、未)の継続提供要望書」を提出いたしました。
2015年10月06日
日本小児科学会に「小児科専門医研修カリキュラムにおいてNICUでの研修と新生児蘇生法講習会の受講を必須化することの要望」を提出いたしました。
2015年03月06日

平成27年3月4日、「避難所の小児への支援に関する要望」を日本小児科学会、日本小児保健協会、日本小児科医会、日本小児期外科系関連学会協議会、日本母性衛生学会と共同で防災担当大臣および官房長官へ提出いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください。
2013年10月16日
産科医療補償制度の対象拡大に関する要望書を厚生労働大臣に提出いたしました。
2013年09月25日
大規模災害時の乳児栄養確保についての要望書、総合周産期母子医療センターに衛星電話を整備する要望書を日本周産期・新生児医学会、日本産科婦人科学会、日本小児科学会、日本小児救急学会、日本小児外科学会とともに提出いたしました。
2011年05月16日
母乳の放射性物質濃度の調査継続についての要望書を日本周産期・新生児医学会、新生児医療連絡会と共に提出いたしました。
ページトップへ戻る